絵本 上毛かるた

2,420円(税込)

例えば、「歴史に名高い 新田義貞」 この絵札を思い出して下さい。
「上毛かるた」に親しんできた群馬県民でも、あの絵札のシーンが稲村ケ崎だということを
知らない人が多いのではないでしょうか。
鎌倉幕府攻略のため進軍する義貞勢は、海の潮が満ちていたために稲村ケ崎を通ることが出来ません。
そこで義貞はパフォーマンスをします。
太刀を掲げて祈り、海に投じると、潮が引き海岸を通過できたという話です。
この話の様に『絵本 上毛かるた』では、言葉や絵の意味を子供達にひもとき、大人も地域を見つめ直すことで、
郷土愛を醸成する内容となっています。(富沢 充芳)


監修・文 : 唐澤 至朗   版 画 : 野村 たかあき
発 行 : 群馬地域文化振興会
がんだれ表紙A4判 本文104頁 カラー


*********************
お近くの方は下記からもお買い求め頂けます。

ノイエス朝日
ディップス朝日
群馬県立歴史博物館ミュージアムショップ
紀伊國屋書店 前橋店
戸田書店 榛名店
フリッツ・アートセンター
*********************
購入数

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。